×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Anti-Rothschild Alliance

HOME

資料室

HOME>>資料室 TOP>>第7号ビルに何が起こったか?(ファイナンシャル・タイムズが911事件について取り上げた2008年6月6日付の記事)

第7号ビルに何が起こったか?

ファイナンシャル・タイムズが911事件について取り上げた2008年6月6日付の記事

真相論者にとって第7号ビルの件は主要メディアが企みを持っている証拠としている。
その日、BBCはビルの崩壊が起こる約1時間半前に崩壊を報道した。

ジャーナリストJane Standleyは、午後4時54分に棟が崩壊したと伝えたが、画面の後ろではまだ存在していたのだ。
そして、その26分後に崩れたのだが、それはツインタワーが崩壊してから7時間後の事だった。

youtubeでその映像を見ると、真相論者はBBCのウェブサイトに質問したり告発したりして追及しているのが分かる。

BBCワールドニュースのヘッドであるRichard Porterは「ブロードキャスターがブッシュ陰謀者の台本を読んでいた訳ではない」と否定せざるをえなかった。

彼は「BBCは切迫するビル崩壊の現場にいる消防士たちの警告を間違ってリポートし、すでに崩壊したと述べてしまった」としている。

そして、それらはその日がとても混乱していたために起こったのだと。

CNNも気の早いことに3番ビルが崩壊したか、しそうだという噂を報道した。

しかし「BBCはそのオリジナルテープをもう所持していない」という彼の告白で、怪しさが増した。

第7号ビルは他にも動かぬ証拠を出している。
この近代鉄筋高層ビルが単に火だけで、航空機などがぶつかるわけでもなく、なぜ崩れ落ちるのかと。

47階建ての第7号ビルは、まっすぐ真下に、ほぼ自由落下のスピードで崩れ落ちた。
それは全く人工爆破の特徴だと懐疑論者は言う。

その7番ビルに入っていたテナントとは?
主にはソロモンブラザーズ銀行だが、9、10階はシークレットサービスだった。
その3階上には証券取引委員会。

ニューヨークタイムズは「ビルにはCIAがスパイ活動をしたり、国連の外国の外交官をリクルートしたりするシークレットオフィスがあった。」と伝えた。
その拠点がなくなったことで、その諜報活動は”全くうやむやに”なった、としている。

CIAは防衛省と国税庁とでフロアを共有していた。
ビルの崩壊で23階のニューヨーク市の救急活動の拠点も、混沌していたという理由でぬぐい消された。

真相論者は、ビルのオーナーであるLarry Silversteinが9月11日午後に消防署の指揮官にしたコメントに注目している。
彼は「制御不能のスプリンクラーシステムが一日中火を燃え盛らせた後、ビルを引っ張る(pull it)べきだ」と言った。

懐疑論者は“引っ張る”は爆破の時の工業用語だと主張する。

Debunking911.com はこう指摘する。
その状態はまさにあるビルを違う場所からケーブルで引っ張ることを意味する、と。

Silversteinのスポークスマンは後に「彼は消防のチーフに、必要ならビルから”引っ張り”出してでも、消防士たちの命を守ることが最重要だと言ったのだ」と発言した。

2002年に米国立標準技術研究所(NIST)はツインタワーと一緒に崩れた第7号ビルの調査を開始。
しかし調査を別々の機関に割り当てた上、8月まで公開しなかった。
これにより当局は曖昧な言い訳を思いつくのに必死になっている、という疑惑が増した。

NISTは、崩壊のすべてをシミュレーションするのに使っているコンピュータが複雑なので進展は遅いのだと言う。
第7号ビルに関連する他の80箱の資料も見つかり、分析するべきだとされる。

NISTの現在の仮説は、崩れ落ちる北タワー(第7号ビルの南側に長い傷を残す) からの火や火の粉が、2,000平方フィートのフロア一帯を支える重要な支柱にダメージを与えた。
残っていたフロア一帯はその重量を分配し直す事ができず、全構造体がそれ自体に乗っかって、その場に潰れた。
内部での損壊がビル全体の崩壊の引き金になったという事実は、残された破片の狭い散らばり具合からも人工的に破壊されたように見える、という説明がつく。

真相論者が影響して2004年の経過報告のある行にはこう出ている:
「NISTは爆発や人工爆破の証拠を見つけられないので、1つかそれ以上の要素の構造的破損を引き起こしたかもしれない仮定の爆発のシナリオの規模を決めたい」

一方BBCはまだ批評家たちを説得しようとしている。
ロサンゼルスのImmanuel Presbyterian教会で9/11の真実セミナーを録画したかったが、主催者によって閉め切られた。彼は7号ビルについて発言した人だ。

――――――――――原文

What happened to building 7?

By Peter Barber

Published: June 6 2008 19:45 | Last updated: June 6 2008 19:45

To the truthers, “building 7” – the third building in the World Trade Center complex to collapse on September 11 – is evidence that the mainstream media is in on the plot. On that day, the BBC reported the building’s fall almost half an hour before it happened. Journalist Jane Standley was broadcast at 4.54pm eastern time reporting that the tower had collapsed – but in the background, it was still standing.

It fell 26 minutes later, seven hours after the Twin Towers came down.

When the Standley clip hit YouTube, truthers bombarded the BBC’s website with questions and accusations. Richard Porter, head of BBC world news, was forced to deny that the broadcaster was reading from the Bush conspirators’ script. He said the BBC had misreported warnings from fire crews of the building’s imminent collapse and instead stated that it had already happened. He blamed the confusion of the day for the mix-up. CNN had earlier reported rumours that a third building had either collapsed or was about to.

But in the minds of the truthers, this explanation was undermined by Porter’s admission that the BBC no longer had the original tapes of its coverage.

Building 7 is the truthers’ smoking gun for other reasons, too. How, they ask, could this modern, steel-framed skyscraper collapse merely because of fire, without even being hit by an airliner?

The 47-storey WTC7 fell straight down, at almost free-fall speed, largely into its own footprint: all the hallmarks, the sceptics say, of a controlled demolition. Building 7 had some fascinating tenants.

The main occupant was Salomon Brothers, the bank, but on floors nine and 10 was the secret service. On the three floors above that was the Securities and Exchange Commission. The New York Times reported that the building also housed a secret office operated by the CIA dedicated to spying on and recruiting foreign diplomats based at the United Nations. The station’s loss had “seriously disrupted” intelligence operations, it said.

The CIA shared a floor with an office of the Defence Department and the Internal Revenue Service.

The collapse of the building also wiped out the operations centre of New York City’s Office of Emergency Management on floor 23, throwing the response that day into further mayhem.

Truthers have focused on a comment on the afternoon of September 11 by Larry Silverstein, the building’s owner, to a fire department commander: he said they should “pull” the building after a faulty sprinkler system left fires to rage all day. “Pull”, the sceptics claim, is industry jargon for demolish. Debunking911.com points out that the term actually refers to pulling one building away from another with cables. Silverstein’s spokesman later said that Silverstein told the fire chief that the most important thing was to protect the lives of the firefighters, including pulling them out of the building if necessary.

The US National Institute of Standards and Technology began investigating the collapse of building 7 along with the Twin Towers in 2002, but hived the inquiry off into a separate probe, which will not report until August. This fuelled suspicion that officials were struggling to come up with a plausible line of obfuscation. NIST says progress has been slowed by the complexity of the computer model it is using, which simulates the collapse from the moment it begins all the way to the ground. Another 80 boxes of documents related to WTC7 have also been found and need to be analysed, it says.

NIST’s working hypothesis is that fire and/or flaming debris from the collapsing north tower (which left a long gash in building 7’s south face) damaged a critical column which supported a 2,000 sq ft floor bay. The remaining floor bays were unable to redistribute the loads, and the whole structure came down on itself. The fact that the collapse was triggered by an internal failure would explain the appearance of a controlled demolition with a small field of debris left behind.

The influence of the truthers can be found in this line from a 2004 progress report: “While NIST has found no evidence of a blast or controlled demolition event, NIST would like to determine the magnitude of hypothetical blast scenarios that could have led to the structural failure of one or more elements.”

The BBC, meanwhile, has yet to persuade some of its critics. It had wanted to film the 9/11 Truth seminar at the Immanuel Presbyterian Church in Los Angeles but was barred by the organisers, who cited building 7.

――――――――――

http://www.ft.com/cms/s/0/7d174b42-31fa-11dd-9b87-0000779fd2ac,s01=1.html

このページのTOP