×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Anti-Rothschild Alliance

HOME

質問

HOME>>Question TOP>>ロスチャイルドが本当に世界を操る陰の権力者なのですか?

<Question>ロスチャイルドが本当に世界を操る陰の権力者なのですか?

<Answer>

ロスチャイルドはユダヤ人であり、ユダヤ人とは宗教的存在で、その最高権威はラビ(律法学者)です。 『ユダヤ人について』にも、それとなく「ロスチャイルドはサバタイ派=フランキストに属している」と書いていますが、属しているとは最高権力者に対して使う言葉ではありません。
世界権力の「奥の院」はロスチャイルド一族でも「奥の奥の院」にサバタイ派=フランキストのラビたちによるサンヘドリンがあると思っています。

ユダヤ人学者クリストファ−・ジョン・ピエルクネスによれば、ユダヤ人は紀元前929年には世界を征服するための計画を考えついていたそうです。
それが下記のような色々な計画に姿を変えては、現われてきているのだと思います。

実に、三千年もかけて用意周到に世界支配を企んできたわけですね。

ロスチャイルド家が力を持った契機は、初代のマイヤー・アムシェルが、当時、傭兵ビジネスで個人としては最大の資産家と言われたヴィルヘルム9世の資産運用を任されたことにあります。このときを機に、それまでの脈々と受け継がれてきた計画が花開いたのでしょう。

ピエルクネスによれば、サバタイ派=フランキストがシオニズムやフリーメーソンなどのユダヤ人組織を支配していて、ロスチヤイルドを世界の王として君臨させようと画策しているとのこと。この隠れた勢力が一番の実力者であり、問題なのだと思います。
ただ、この勢力は決して表に出てくることがなく、まったく正体が掴めません。正体のハッキリしない相手をターゲットにしても、それこそ宇宙人や悪魔のように雲を掴むような話になってしまい、議論すらできません。ですから、顕在化していて現時点で最も中枢に近い位置にいるであろうと思われるロスチャイルド一族に標準を絞っているのです。

このページのTOP





<< Question TOP