×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Anti-Rothschild Alliance

HOME

資料室

HOME>>講演録 TOP>>未来への提案

 

未来への提案

普通の人間が普通に働き、過不足なく、普通に生活できる環境を整えよう!

不正や不当な行為がまかり通る社会、不必要な費用負担をしなければならない経済システムを変えよう!

国際金融資本家や腐敗した政治家・官僚たちに不当に搾取されない社会にしよう!

私はユートピア的な社会は想定していません。
普通の人間が普通に働き、過不足なく、普通に生活できる環境をが整えられれば、それでよいと思っています。
まぁ、当り前のことなんですが、この当り前のことができていないのが現状なんで。
それには、不正や不当な行為がまかり通る社会、不必要な費用を支払わなければならない経済システムを変えていかなければならないでしょう。
共同体を維持するのに必要なコストを負担するのは当然としても、国際金融資本家や腐敗した政治家・官僚たちに不当に搾取されない社会をつくりたいと思っています。

それと、もう一つ、私たちの経済活動というのは、環境によって制約を受けます。
おカネというのはただの数字ですから、いくらでも増やすことは可能ですが、経済活動の元となる資源は、地球が生産してくれる量、あるいは浄化してくれる量を超えて消費すれば、それは持続可能な社会ではなくなります。
余剰生産物の交換ならば問題ありませんが、自らの領土で生産できる量を超えて贅沢な生活をしようと思えば、他人の領土に踏み込んでいって、資源を奪ってこなければなりません。
そうなれば、当然、争いが起こりますね。
フェアー・トレードという言葉がありますが、貿易がフェアーなものなら、わざわざフェアーなんて言葉は付けないですよね。
貿易の背景には、常に暴力がつきまといます。

自立型経済

よって、目指すは国際金融資本から独立した自立型経済です。
基本は地産地消、地域循環型社会ですね。
彼らがグローバリゼーションなら、私たちはローカリゼーション、彼らが中央集権なら、私たちは地方分権でいきたいと思います。

これを実現するために大切なのが、次の五項目です。

  1. 政治の独自性
  2. 金融の独自性
  3. 食糧自給
  4. エネルギー自給
  5. 安全の確保
もろちん、他にも教育や医療、情報機関など大切なものはありますが、優先順位として上記五項目の達成を先に目指すべきだと考えます。

このページのTOP