×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Anti-Rothschild Alliance

HOME

資料室

HOME>>講演録 TOP>>ロスチャイルドの世界革命行動計画

 

ロスチャイルドの世界革命行動計画

初代ロスチャイルド (1744〜1812)

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド
「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。
そうすれば誰が法律を作ろうと そんなことはどうでも良い」

初代ロスチャイルドの名前はマイヤー・アムシェル・ロスチャイルド。1744年にドイツのフランクフルトのゲットーで生まれます。ゲットーとはユダヤ人の強制居住区域ですね。迫害されていたユダヤ人たちは狭いゲットーに押し込められていたわけです。

世界革命行動計画 (1773年 フランクフルト)

そのマイヤー・アムシェルが30歳の時、フランクフルトに12人の実力者を招いて秘密会議を開いたと言われています。
どんな会議かと言えば、全世界のマン・パワーと資源を独占的に支配するための計画で、25項目の行動計画から成る「世界革命行動計画」と呼ばれています。
世界を支配するなんて、まるでマンガや映画のような話で、普通ならば誇大妄想狂のように思えますが、この一族は、その後、代々このアジェンダを忠実に実行していきます。
少し長いですが、要約した内容をざっと読みあげていきます。

1.人間を支配するには暴力とテロリズムに訴えると最善の結果が得られる。
  権力は力の中に存在している。

2. 政治権力を奪取するには「リベラリズム」を説くだけで十分である。
  そうすれば有権者は1つの思想のために自らの力、特権を手放すことになり、その放棄された力、特権をかき集めて手中に収めればいい。

3.大衆にはどのようにして自由を享受すればいいのかわからない。
  「自由」という思想を利用すれば「階級闘争」を生じさせることも可能だ。

4.最終目標に到達するためには、ありとあらゆる手段を正当化できる。
  率直さや正直さといった国民としての立派な資質は政治に支障をきたすから、支配者となろうとする者は狡賢さ、欺瞞に訴えなければならない。

5.我々の権利は力の中にある。
  私が見出している新たな権利とは、強者の権利によって攻撃する権利であり、既存の秩序、規律のすべてを粉砕し、既存のすべての制度を再構築する権利である。

6.我々の富の力は、いかなる狡賢さ、力によっても損なわれないような強さを獲得する時まで、表面化しないよう保たれなければならない。
  戦略計画の基本路線から逸れることは「何世紀にも及ぶ営為」を無にする危険性がある。

7.群集心理を利用して大衆に対する支配権を獲得すべきだ。

8.酒類、ドラッグ、退廃的道徳、あらゆる形態の悪徳を代理人を通じて組織的に利用することで、諸国家の若者の道徳心を低下させなければならない。
  賄賂もペテンも裏切り行為も、それが我々の目的達成に役立つのであれば、続けられなければならない。

9.そうすることで服従と主権を確保できるなら、何がなんでも躊躇うことなく財産を奪い取る権利が自分達にはある。

10.我々は「自由・平等・博愛」という言葉を大衆に教え込んだ最初の民族である。ゴイムは難解さゆえにこの言葉の意味とその相互関係の対立に気づくことさえない。ゴイムの自然発生的で世襲的な貴族社会の廃墟の上に、我々は金による貴族社会をつくりあげた。それは我々の拠り所、すなわち富を参加資格とする貴族社会である。
ここでちょっと解説します。ゴイムというのはゴイの複数形で、ゴイとは非ユダヤ人のことを指します。また家畜とかブタという意味もあります。

11.自ら戦争を誘発しながら、敵対するどちらの側にも領土の獲得が生じない和平会議を主導しなければならない。
  戦争は対立する双方の国家がさらに負債を抱え込み、我々の代理人の手中に落ちるよう主導されなければならない。

12.財を活用して、我々の要求に素直に従い、ゲームの駒となって、政府を陰で操ることを我々から任じられた人物を選ばなければならない。

13.誹謗、中傷、偽の情報を流したことでどのような波紋が広がろうと、自らは姿を隠したまま、非難されることがないようにしなければならない。
  大衆への情報の出口すべてを支配すべきである。

14.貧困と恐怖によって大衆が支配された時には、常に代理人を表舞台に立たせ、秩序を回復すべき時が来れば、犠牲者は犯罪者や責任能力のない人々の犠牲となったと解釈されるよう、事を進めなければならない。
  計算済みの恐怖支配が実現した時点で、犯罪者や精神異常者を処刑すれば、我々自身を抑圧された人々の救世主として見せかける事ができる。実際のところ、我々の関心は正反対で、減らす事、すなわちゴイムを殺害することにある。

15.我々の力を行使すれば、失業と飢えがつくりだされ、大衆にのしかかる。そうすれば、確実な資本の支配力が生じる。

16.フリーメーソンのブルー・ロッジ内部に大東社を組織して破壊活動を実行しながら、博愛主義の名のもとで、自らの活動の真の意味を隠すことは可能である。
  大東社に参入するメンバーは、ゴイムの間に無神論的唯物主義を広めるために利用されなければならない。

またちょっと解説します。フリーメーソンというのは33階級あって、下から三つが徒弟・職人・親方という階級になっています。この三階級のことをブルー・ロッジと言い、つまり一般的なフリーメーソン会員が集うロッジ(集会場)という意味です。大東社というのは英語ではGrand Orient Lodgeであり、Grandには統括するという意味がありますので、東洋を統括する支部という意味になります。現在はフランスのフリーメーソン本部がGrand Orient Lodgeと名乗っています。

17.代理人は大衆受けのするスローガンを生み出せるよう訓練されなければならない。
  大衆には惜しみなく約束しなければならないからである。
  約束された事と反対の事は、のちになれば常におこなえる。

18.恐怖支配は、手っ取り早く大衆を服従させるもっとも安上がりな方法だ。

19.すべての戦争のあとには、秘密外交が主張されなければならない。
  秘密外交によって、我々の代理人が関わらないかぎり、諸国家は些細な個人的取り決めさえも結ぶことができないような支配権が確保されなければならない。

20.最終目標である世界政府に到達するためには、大規模の独占、莫大な富の蓄積が必要とされるだろう。

21.ゴイムからその不動産、産業を奪うため、重税と不当競争を組み合わせてゴイムの経済破綻を引き起こさなければならない。国際舞台においてゴイムが商売ができないように仕向けることは可能である。
  つまりは原材料の巧みな支配、短時間労働および高賃金を求める労働運動の普及、競争者の助成によってそれは実現できる。

22.最終的には、我々の運動に尽くす少数の金持ち、および我々の利益を守る警察と兵士と、プロレタリアートの大衆が残ればいい。
  ゴイムに殺し合いをさせるため、大々規模の武装増強が開始されなければならない。

23.世界統一政府のメンバーは独裁者によって任命され、科学者、経済学者、財政専門家、企業家、大金持ちの中から選出される。

24.代理人はその誤りを我々が承知している理論、原則を教え込むことで、社会の若年層の精神を惑わせて腐敗させる目的で、あらゆる階級、あらゆるレベルの社会、政府に潜入しなければならない。

25.国家法および国際法を利用しつつ、ゴイムの文明を破壊しなければならない。
  我々に対してゴイムが武装蜂起する前に、恐怖の組織を諸国家の各都市に組織することにいたしましょう。

プロトコル(議定書)のエッセンス

かなり短く要約したつもりなんですが、それでもやはり長いですよね。(苦笑)
そこで更にプロトコルのエッセンスのみを抽出してみました。

  1. 人を支配するには金と暴力。
  2. 自由(リベラル)という思想を利用せよ。
  3. 目的は手段を正当化する=ゴイムは欺いてもかまわない。
  4. 強者は何をしてもよい。
  5. ゴイムに本当のことを知られてはいけない。
  6. 情報を支配せよ。
  7. 代理人に代行させよ=我々に危険が及ばないように。
  8. キレイ事を言っておけば大衆は欺ける。
  9. 恐怖で脅せ。
  10. ゴイム同士で争わせよ。
  11. ゴイムには嘘を教えて惑わせよ。
  12. ゴイム文明を破壊せよ。

この戦略を理解すれば、世界で起きている不可解な事件の数々が解きやすくなります。

ところで、世界革命行動計画の六番に「戦略計画の基本路線から逸れることは何世紀にも及ぶ営為を無にする危険性がある」とあります。
つまり、この計画は何もロスチャイルド一族に始まったものではないんですね。
ユダヤ人学者クリストファー・ジョン・ビェルクネスによれば、栄華を極めた古代イスラエルのソロモン王の時代、BC929年には、世界を平和的に支配する理論上の計画がつくられていたそうです。
ただ、そこまでいくと神話的な話になってしまうので、今日は初代ロスチャイルドから話を始めたいと思います。

ユダヤ人とは?

ロスチャイルドは勿論、世界の有力な銀行家、政治家、官僚、シンクタンク、高名な学者、そしてマスコミ有力者、つまり世界を動かせる力を持った人たちの多くがユダヤ人です。
しかしユダヤ人は、実はその定義さえハッキリしない不思議な人たちです。
一般的に、古代イスラエルの12氏族のうちユダ族だった人達がユダヤ人ということになっていますが、実際にはかなり複雑なことになっています。
「聖書の民」であるユダヤ人は、イスラエルからスペイン方面に逃げてきた有色人種で「スファラディ系ユダヤ人」と言います。
そして、キリスト教に改宗させられたり、改宗したふりをした隠れユダヤ人を「マラーノ」と言います。
また、同じアジア民族に溶け込んだユダヤ人を「ミズラヒ」と言います。
あと、ヨーロッパの貴族階級に同化してゆき、特権を享受していた一部のユダヤ人のことは「ホフ・ユーゲン(宮廷ユダヤ人)」と言います。
私が問題にしているのは、このホフ・ユーゲンたちです。

ところで、7世紀から10世紀にかけてカスピ海の北で栄えた遊牧国家ハザール汗国という国がありました。
8世紀半頃、イスラム軍がこのハザール汗国に侵攻してきて、改宗を迫られます。
ハザールの隣はキリスト教の大国、東ローマ帝国です。東ローマ帝国と友好関係にあったハザール汗国の皇帝は、悩んだ末にキリスト教とイスラム教の元となったユダヤ教を国教とし、それ以降、国民全員がユダヤ教徒になりました。
このユダヤ教徒に改宗したハザール人たちが、のちにアシュケナージ系と言われる白人のユダヤ人となったという説があります。
現在、イスラエルにいるスファラディ系ユダヤ人は少数派で、90%以上はこのアシュケナージ系ユダヤ人です。
有色人種のスファラディと白人のアシュケナージとは、血統的には全く無関係な民族です。
ですから、アシュケナージが「神の約束の地へ帰る」ことを口実にパレスチナにユダヤ人国家を建設することは、まったく正当性がありません。
しかし、このことはタブーなので、世界のマスコミは決してこの点を追求することはありませんね。

ユダヤ教の聖典

ユダヤ教の聖典は旧約聖書ですが、その中でも重要視されているのが冒頭の5書「創世記」「出エジプト記」「レビ記」「民数記」「申命記」で「トーラー」と呼ばれています。
また、モーゼが神から授けられた法で、成文化されずに口伝で伝えられたものを「ミシュナ」と言います。
このミシュナと、ミシュナをラビが解釈した「ゲマラ」から作成された日常生活の規範と、時代時代に対応した生きざまを記したものが「タルムード」で、これは6部構成、63編から成る文書群であり、「ユダヤの民法」と呼ばれています。
タルムードの膨大な文書群の中には、民族的排他性と独善的選民思想が含まれている所があります。その問題箇所を例としてあげてみましょう。

タルムード

  • ユダヤ王は真の世界の法王、世界にまたがる教会の総大司教となる。
  • あなたは、あなたの神、主の聖なる民である。あなたの神、主は地の面にいるすべての民の中からあなたを選び、御自分の宝の民とされた。
  • 人間の獣に優れる如く、ユダヤ人は他の諸民族に優れるものなり。
  • 神はユダヤ人にすべての方法を用い、詐欺、強力、高利貸、窃盗によってキリスト教徒の財産を奪取することを命ずる。
  • 汝らは人類であるが、世界の他の国民は人類にあらずして獣類である。
  • 「汝殺すなかれ」との掟は「イスラエル人を殺すなかれ」との意なり。ゴイ(非ユダヤ人)、異教徒はイスラエル人にあらず。
  • ゴイがゴイもしくはユダヤ人を殺した場合は責めを負わねばならぬが、ユダヤ人がゴイを殺すも責めは負わず。
  • ゴイに金を貸す時は必ず高利を以てすべし。
  • 他民族の有する所有物はすべてユダヤ民族に属すべきものである。ゆえになんらの遠慮なくこれをユダヤ民族の手に収むること差し支えなし。
  • ゴイに我らの信教を教える者は、ユダヤ人を殺すに等しい。もしもゴイが我らの教説を知ったならば、彼らは公然と我らを殺すだろう。
  • ゴイが我らの書物には何かゴイを害することが書いてあるのではないかと聞いたら、偽りの誓いを立てなければならない。そして、そのようなことは誓って書いてないと言わなければならない。
  • 涜神者(非ユダヤ人)の血を流す者は、神に生贄を捧ぐるに等しきなり。

このように、タルムードには選民思想という特徴がありますが、もう一つ大事な特徴として「終末にあたって救世主が再臨し、正義と平和が支配する理想世界が訪れる」とする救世主思想があります。

サバタイ・ツヴィ (1626〜76)

さて、ここでユダヤの歴史における二人の超重要人物をご紹介しておきましょう。
まず一人目が、トルコ出身のサバタイ・ツヴィです。
サバタイは、自分を「メシアだ」と言っていたのですが、激しい躁鬱病だったようで、はじめは誰からも相手にされなかったそうです。
ところが、ナタンという有名なカバラ学者と知り合い、このナタンがサバタイを「メシアだ」と宣言しました。
信用あるナタンの宣言により、人々はサバタイをメシアとして受け入れたそうです。
その後、サバタイの影響力に危機感を持ったスルタン(皇帝)が、サバタイに「イスラム教へ改宗するか、死か」という選択を迫ります。
すると、サバタイは、あっさりとイスラム教へ改宗してしまうんですね。
サバタイにがっかりした人々に対して、ナタンは「サバタイはイスラム教内部に入り込み、内部から敵を崩壊させる戦略なのだ」と説明します。
この「イスラム教やキリスト教などの内部に、彼らの味方のふりをして入り込み、内部から腐らせ、無力化させて最終的には崩壊にいたらせる」という戦法は、屈辱的に改宗せざるをえなかったマラーノたちに希望と言い訳を与えてくれるものでした。
サバタイ・ツヴィを支持するサバタイ派は、マラーノを中心に多くの熱狂的な信者を獲得し、ユダヤ人の間に大ムーブメントを起こしました。

ヤコブ・フランク (1726〜1791)

もう一人が、、ポーランド出身のヤコブ・フランクです。
サバタイ同様“自称メシア”であったヤコブ・フランクは、ユダヤ教の救世主思想を「この世の悪や不幸を人為的に頂点にまで満たして、この世を破壊し尽し、メシアを到来させる」という危険な思想に転換させた人物で、戦闘的救世主と呼ばれています。
ヤコブ・フランクとその信者であるフランキストたちは、正統派ユダヤ教から破門されましたが、フランキストたちは「改革派ユダヤ教」と名称を変え、ユダヤ教の中で一大勢力となっています。
そして、このフランキストがサバタイ派と結びつき、キリスト教徒・イスラム教徒・仏教徒たちの中に紛れ込んで、危険な終末思想を実現しようとしているのです。
で、大問題は、世界金融王朝の王と言われるロスチャイルドが、タルムードを信奉していて、しかもサバタイ派=フランキストに属しているということです。

このページのTOP